新入社員の青果担当者研修実施!!

10月24日(木)昨年に引き続き今年も青果担当者の新入社員研修を

ドリームファームで実施しました。

今年は、男性6名、女性4名、合計10名の参加でした。

須崎農場長と原社長から挨拶の後、

午前中は「キャベツ」の収穫~出荷準備までを研修してもらいました。

須崎農場長から「キャベツ」の収穫の仕方を教えてもらい、

大きい「キャベツ」から収穫するようアドバイスを受け

「キャベツ」の収穫をしました。

30~40分で約100個収穫しました。

原社長から

店に並んでいる野菜は形が揃っているけど、今収穫して分かったと

思いますが、大小さまざまです。

店に並んでいる野菜は選りすぐった物なんです。

また、野菜は皆さんが今日やったように、一つ一つ手で収穫をしています。

畑を見て下さい。

同じ時期に蒔いた「ブロッコリー」ですが、大きさが違います。

土の状態や水はけなど、何が原因かよく分からないけど

このように大きさに差が出てしまいます。

このように農家の方は、いろんな苦労をしていることを知った

うえで、販売に活かして下さいと説明がありました。

拠点に戻り、自分達で収穫した「キャベツ」を、原社長に自己申請して

発注をし、明日店着するので、責任を持って販売してもらいます。

これで、収穫→商品化→販売の一連の流れを体験できます。

須崎農場長から、収穫した「キャベツ」を出荷する為

の商品化の仕方の説明です。

①トリミングをして泥を水で洗います。

②たばねらテープで「キャベツ」に巻く。

③その上にバーコードシールを貼る。

④ドリームファームのシールを貼る。

⑤イフコに6個づつ入れる。

以上で完成です。

最初は、なかなかテープが巻けなくて苦戦をしてましたが、

最後の方では、きれいに早く巻けるようになってました。

獲りたて「キャベツ」の試食タイム!

獲りたては、特に芯の方に糖分を溜め込んでいるので

甘みが強く、何もつけなくても美味しかったです。

須崎農場長から「カリフラワー」の説明です。

実の部分は日に当たると変色してしまう為、葉っぱで隠さなくては

いけないので、結構手間のかかる作物です。

原社長から「東京ゴールド」というキウィフルーツの説明です。

実は新しい枝に着くので、剪定が難しいことや受粉は人の手

でやらなくてはいけない事などを説明。

ウィングの進藤さんから「椎茸」の作り方について、

菌床作りから収穫までと、障害者の方と力を合わせお客様の笑顔の為

さらに良い「椎茸」を作っていることを熱い思いを込めて説明がありました。

午前中の研修は楽しく終了。

午後は座学を14時から15時にかけて原社長より講義をしてもらいました。